文字と脳は根強いって話

f:id:hashimoto951:20160509143124j:plain

人によって文字は違いますよ〜

 

 皆さんが普段書いている文字。

バランスが整っている文字や、極端なほどに偏っている文字、クセが強い文字などたくさんありますよね!

 

その数は実に人間の数だけ文字が存在します。

 

それだけ全く同じ文字は書く事は出来ないですし、

同じように似せて書く事はできたとしても、全く同じ文字を書く事は不可能である事を意味します。

 

それは人間というベースがあります。

人間は同じように生活しているという分類はありますが、人間はみなさん違いますよね?

その人間が書く文字なので違うというのは至極当然なんです。

 

 

なので、書道の先生方もみんな違う人間ですから書く文字も違います。

ですからなおのこと面白いですよね!

 

 

脳の話と文字の話

 

文字を書くときは、脳が文字を書くように体の各部分に指令を送り、その信号に従って体の各部分(肩、肘、手、等・・)が反応し文字を書くわけです。

 

ですから、文字を書くときの出発点は脳です。

 

脳の信号に従った結果が今の自分の文字となります。

 

 

この話は学問レベルで深いです!!!!

 

 

犯罪者の文字、甘えん坊な文字、喧嘩っ早い文字、将軍の文字、等等・・・

たくさんの文字を見てきたので、

ある程度はどんなひとなのかな〜という予想はつきますよ。

あくまでも感覚値ですが。

 

例えば見た目は、派手な格好をしている方が文字を書くと物凄い人見知りだったり、

おとなしい方が実は内面はメチャクチャ気が強い方だったり・・

文字を見るのは面白いです〜

 

でも、人の字を見すぎると不審者に間違われるかもしれないので(ぼ、僕じゃないですよ(⌒-⌒; ))、TPOはわきまえましょう!!

 

筆跡診断って知ってますか?

 

文字と性格を科学的根拠に基づいてに文字を分析して、人物の鑑定に使うものです。

ヨーロッパでは、犯罪者鑑定に使われています。

日本でいう弁護士と同等レベルの資格に当たります。

 

仮に何かの障害で手を失った方が、首と肩にペンを挟んで書いてみたり、足で書いてみてみたり・・・

初めはぎこちないですが、慣れてくると手で書いていたものと同じ文字になるのです。手で書いていないのにですよ!

 

実際に文字を書いているのは手や足になるわけですが、文字を書く信号を送っているのは脳であるわけです。

脳は、文字を書く指令を送っている核なのです。

 

ですから、自分の脳が認識している文字と、他人が認識して書く文字は異なるという事になります。

 

人格と文字は深く関係するということ!

 

 

という事は???

 

文字を変えれば・・・・

 

自分の文字が変わる事は脳が変わるという事であり、

脳が変わるという事は人格や性格まで変わります。


ですから、

「文字が変われば人格が変わる」

というのは決して大げさな話では全くなく、事実としてあります。

  

それほどに、文字と脳、文字と人格、文字と人生というのはつながりが深いわけです。

 

はじめは文字を変える事は難しいと感じるかもしれませんが、

コツさえわかれば文字はすぐにでも変えられます。

 

ですから、

すげーーーーー!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

と思ったら、その文字をひたすら真似ましょう!!

 

あなたの文字も変わりますよ〜!

 

TOP ▲