読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書道と習字の違いって?

f:id:hashimoto951:20160511233136j:plain

書道と習字

意外と勘違いされる事の一つとして、

習字と書道は何が違うの?

という質問を良く受けます。

 

 確かに、混合されやすいのはわかります。

どっちみち文字を書くのは同じだから一緒じゃん!!

変わんねーじゃん、どっちでもいいじゃんと思ったあなた・・

 

 

・・・・

・・・・

・・・・

 

 

でも・・・

違うものは違いますので・・・

 

 

 

理解してください(⌒-⌒; )

 

一度整理する為にも書いておきますね。

 

 

何が違うの?? 

 

そもそも言葉の意味からして異なります。

 

習字とは?? 

  1. 文字を正しく、美しく書く練習。もと、小・中学校における国語科の一分野。現在では書写といい、硬筆と毛筆とによって指導される。                   引用:大辞泉

 

書道とは??

    1. 毛筆によって書の美を表そうとする芸術。中国で古くから発達。日本に伝来し、平安時代草仮名がつくられたことと相まって独自の発展を遂げ、世尊寺流持明院流定家流青蓮 (しょうれん) 院流などの流派が生じた。         引用:大辞泉

     

 

習字は小学生、中学生が行うものが一般的で、文字の形を学び自分の文字に取り入れる事を表します。

対して書道は、書の美を芸術として捉えそれを極める事。

 

書く行為は同じでも、付随する背景や趣を考えると違うものになります。

 

 

 道とは・・・・

書道とは

「道」

 の言葉が入ります。

 

 

道という文字には通常の歩く道を表す意味に加え以下の意味も含んでいます。

 

物の道理。ことわり。また、人として踏まなければならないとされる行動の筋道。道徳。

芸術・技芸などのそれぞれの分野。また、その精神真髄。

                           引用:大辞泉

 

 よって、

「道」がつくものは人生を表すものです。

 

日本人として技術、精神、体力すべてを含め極める道程を表すものとして、文字を書く事にフォーカスしています

 

道を含むものは書道だけでなく、

華道、茶道、剣道、柔道など様々なものがありますが、

そのものを通して自分の道を歩む事が大切になります。

 

 人それぞれ歩む道は異なりますが、自分はこれで人生を歩んでいくんだと覚悟を決めて歩んでいく事が極める上でも基本的な姿勢です。

 

 

 

要は習字と書道の違いは何かと言うと・・・

 

文字を書く事に対する姿勢が違います。

 

習字は、

小学、中学生などが文字を学び、自分の文字を美しく正しく書く事である。

 

書道は、

文字を書く事を通して、精神を人生を高め文字と触れ合い極める事である。

 

 

現に、

極めた書道家の字は普通の方が見ても読めない文字がたくさんあります。

それは、書道展の作品を見ても明らかだと思います。

 

習字があるから書道があり、

書道があるから習字があります。

 

どちらが良い悪いではなく、どちらとも必要な事でありどちらが欠けても成り立たないと思います。

 

「習字」と「書道」のように類義語である言葉は、華道、茶道にも聞いた事はありません。

 

他にはない大切な教養であると考えられます。

 

TOP ▲