読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンプレックスは悪じゃない!ネガティブを前面に出そうぜ!

f:id:hashimoto951:20160512222525j:plain

コンプレックスは尊い 

 

人間誰もが持っていると言われる「コンプレックス」

 

コンプレックス自体には何も悪い事は無いのですが、良い印象を持っている方は少ないように思います。

 

嫌な感情も引き連れて、ずっと自分の後を追ってきます。

「振り向けば奴がいる」みたいな感じです。

 

 

そもそもコンプレックスって?

 

コンプレックスとは

 

自分が他より劣っているという感情。劣等感。
〘心〙 精神分析の用語。強い感情やこだわりをもつ内容で,ふだんは意識下に抑圧されているもの。エディプス-コンプレックス・劣等コンプレックスなど

 

要は人と比べてしまい、自分のマイナス面と向き合って起こる感情な訳ですよね。

落ち込んだり、怒ったりしてしまいがちですね

 

 

様々なコンプレックス

人によって様々なコンンプレックスがありますよね。

容姿が悪い、虚弱体質、身長が低い、体重が重い、低学力、仕事が無い、低収入、コミュニケーションができない、結婚できない、・・・・

あげればきりが無い!!!

 

自分の嫌な所は否応が無しに注目してしまうものです。

脳の仕組み自体が欠点に集中してしまうので、それはそれで認めるしかありません。

 

ですが、嫌だ嫌だと思い続けていても時間が経過するだけで何もありません。

お菓子が出てくるわけでも、

理想の異性が出てくるわけでもありません。

 

 

 僕のコンプレックス歴

 

僕自身コンプレックスの塊ですが、その中の一つとして幼い頃からのコンプレックス挙げると。

 

吃音」です。

 

吃音というのは言語障害の一つで、スムーズに言葉が出てこない症状などがあります。

例えば、「イス」を言おうとする時、

「イ・・・イ・・・イ・・イス」

てな感じで言葉ができてこない訳です。

 

緊張しているのではなく、常にこの状態な訳です。

 

国語の本読みとか大っ嫌いで、いつも吃りまくっていました。

友達や家族といる時は、まだ症状は落ち着いていましたが焼け石に水程度です。 

 

就職してからもそれは続き、まともに挨拶は出来ないし、報連相が出来ず、まともに仕事すらも支障が出るくらい特に職場ではひどかったです。

上司からは、

「いつもなんで吃るんだ。子供からしゃべりをやり直してこい!お前を見てたり聞いたりするだけで虫唾が走る!消えろ吃り野郎!」

なんて言われたりもしました(しかもみんな見てる前で・・・)

 

もう、もう、心は完全にキレてましたね!

この時よく自分が耐えたなと思います!

殺人が犯罪でなければ間違いなく犯していましたね!(笑)

 

この時に誓ったのは、

「絶対に見返してやる!」

という強い復讐心だったと思います。 

 

マイナスエネルギーの凄まじさ 

 

よくある人生の目標・ビジョンでは以下のようなものが挙げられると思います。

「⚪️⚪️をやってみたい!」

「⚪️⚪️の為に幸せに溢れる世界にしたい!」

のようにキラキラした目標があります。

 

ですが、一方で!

キラキラではなく、ドロドロした感情を出した目標もあります。

「成績を馬鹿にされたから学年トップの成績をとってやる」

「いじめられた復讐の為に体を強くする」

などなど・・・

ネガティブなエネルギーはマイナス方向であるだけで、エネルギーはある訳です。

ネガティブエネルギーは人を殺める破壊力を持っています。

戦争も起こします。

何万、何百万人もの命が亡くなったのですから。

 

人を殺すというエネルギーは普通の人では考えれない程の常軌を逸した行動です。

時代の違いもありますが、その行動の内部にはとんでもない程のエネルギーがある事は想像に難くありません。

 

ネガティブエネルギーから出発する事は悪ではありません。

もちろん、殺人や戦争はやってはいけませんが、これを効率よく活用するんです。

 

小さい頃お金がなく貧乏だった方が、

悔しい思いをして成り上がった話は数多くあります。

それは、心をズタズタにされた程の苦しい思いをしたからこそ生み出される、モチベーションです。

 

キラキラした目標が見いだせない方は、

ネガティブな感情を前面に出して行動する事をお勧めします。

むしろこれを使わない人っているのかな?

 

個人的にはほとんどネガティブからのエネルギーなんだけどな・・  

僕自身のネガティブパワーのことを話すと、

初めて言語聴覚士の協力の下リハビリを行い、

吃音を克服しようと20年以上かかっていたものが、わずか3年近くで随分と改善しました。

ネガティブパワーが功を奏した体験です。

 

ネガティブパワーのモチベーションは強い!

 

コンプレックスをさらけ出す勇気

 

コンプレックスは大切に持っていてください。

あなたしか持っていない大切なものです。

語りたくないなら語らなくていいけど、個人的にはさらけ出した方がいいと思う。

 

それは、

第一に、他人はあなたに興味はない。

あなたの気持ちはあなたしかわからないですし、自分の気持ちだけに浸る悲劇のヒロインのマスターベーションは自己陶酔にすぎません。

あなたが他人を見てないように、他人もあなたを見ていません。

 

人に話すと思いもよらない方から解決に結びつく情報が得られます。

人の事を気にせず純粋に理性的に解決に結びつく行動が大切。

 

自分のコンプレックスを話せる事で心が強くなる

やってみると分かりますが、気持ちがすっきりし自分のコンプレックスと向き合う事ができます。

 コンプレックスを好きになるとは言わないが、今までの捉え方は変わりますね。

 

コンプレックス最高!!

 

そうですよ〜!

コンプレックスは最高ですよ!

 

持ってていいんですよ!!

 

僕は、吃音で上手く会話ができなかったから、文字でコミュニケーションを取ろうと思ったのが書道を始める一つの理由です。

 

コンプレックスから始まるストーリーもありますよ〜

 

なにくそ根性で乗り切りましょう!

TOP ▲